会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

歌を歌う時の発声方法の基本について

スポンサーリンク

歌を歌う機会はプロでなくとも、カラオケに行った時や結婚式の二次会の出し物など意外に機会はたくさんあります。
そういった場で上手い歌を披露するのは自分にとっても嬉しいことだと思います。
上手く歌を歌う為にもまず発声の基本を抑えて気持ちよく歌えるようになりたいものです。
その為にはまず呼吸法から学びます。
発声の時の呼吸法は必ず腹式呼吸で行います。
わかりやすく言うとお腹から声を出すということです。
ピンと来ないかもしれませんが、仰向けに寝てるときの呼吸は腹式呼吸になってい息を吸い込むと必ずお腹が膨らみます。
その感覚を思い出して腹式呼吸の練習を行います。
しっかりした呼吸法を身につけることでしっかりと大きく綺麗な声を出せるようになります。

スポンサーリンク

複式呼吸の基本を身につける為の練習は立って行います。
まず体の中にある空気を全て吐き出してからお腹の下をめがけて目いっぱい吸います。
この時に肩が上がってしまうと、それは複式呼吸が出来ていないということです。
肩が上がらないように腹式呼吸ができるまでひたすら練習します。
出来るようになればまずそのままお腹の力だけを使ってワッと声を出します。
この時喉は全く使わないようにします。
全く使わずに断続的に声を出し続ける事が出来れば、次は一つの音を伸ばして発声します。
この時にお腹を使えていれば力が軽く入る感じがします。
この時にお腹に力を入れて空気をお腹に留めるようにします。
これが発声するときの基本なので体に癖つけるようにしたいところです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加