会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

面接やプレゼン等ビジネスでの発声記事一覧

プレゼンテーションであろうが、音楽のボーカルや演劇の演技であろうが、その発声法と発声練習方法はほぼ同じです。ボソボソと声を出さないように声を張り上げるように発声することが基本なのです。 プレゼンテーションは、聴衆に向けて何かを説明する場なので、聴衆の興味を引くように発声に抑揚を付けることも重要になってくることもあります。やはり一本調子では、心がこもっていないような話し方になってしまうことがあります...

発声練習のためのスクールが増えて来ました。生徒はさまざまで、ハキハキと話せるようになりたいという方、歌をもっと上手く歌いたいという方、音痴をなおしたいという方、プロの歌手を目指しているという方、リポーター、アナウンサーを目指しているという方たちです。最近は接客業の方や営業をされているという方が生徒として発声練習をするケースも増えています。接客業や営業をされている方は常に声を発し、お客様と会話をしな...

学生の頃と違い、社会に出て働くようになりますと、意外なスキルが求められることに気付かされます。例えば、声の出し方がそれになります。集団で仕事や作業をするビジネスの現場では、声が小さかったり、不明瞭で声が聞き取りにくかったりしますと、連携がうまくいかず、様々な場面でトラブルに見舞われやすくなりますので、ビジネスマンはできるだけ大きな声で、張りのある声が出せる方が有利になります。特に、交渉やプレゼンテ...

発声法にはさまざまな方法、用途がありますが、ここでは電話応対に適した声の出し方について述べようと思います。電話を通して、ただしく言葉の意味内容を伝える場合に気をつけなくてはいけないこと、それは、イントネーションと単語の区切りです。対面で、口のカタチや動きが見られない状態でのコミュニケーションになるからこそ、発音やイントネーションは重要になってきます。人は音の高低やリズムで、聞き取れなかった言葉を脳...

電話応対は、相手のお顔が見えない分、丁寧に話さなければいけません。相手に不快感を与えたり、不信感を持たせてしまえば、大きな損失になるかもしれません。言葉遣いは、もちろんですが、しゃべり方がとても重要だと思います。しゃべり方と言っても丁寧なら良いという訳ではなく、相手が聞きやすい声質、スピード、が必要となります。そして、イントネーションも重要となります。ニュアンスが変わると、受け取る人に伝わらないこ...