会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

役者の司会の発声のコツ記事一覧

舞台俳優は普通の人よりも遠くまで声を飛ばすことができます。明瞭で快活なその声はどれほど遠くにいる人にも、セリフを確実に伝えることができるので、舞台の観客は席の場所に関係なく、その演技に見入ることができるのです。良い声が持つ効果は大きく、俳優や女優といった仕事に就いていない人であっても、明瞭で聞きやすい発声ができるようになりますと、ビジネスにおいて大きなメリットを受けられますので、人と接するときはで...

日ごろ、何気なくおしゃべりをしていますが、聞き取りやすい声と聞き取りにくい声とがあります。よく通る声というのもありますから、もちろん、音域や周波数も関係しているかもしれません。声の悩みも「話し声が通らない」「通る声が出せない」という相談が一番多いようです。そのほか、「高い声が出ない」「声がかすれる」「声が幼い」などもあるようですが、「聞き返されることが多い」ので何とかしたいといった相談が多いそうで...

舞台に立ってマイクなしで声を出しても、ほとんどの方は客席の後ろの方まで声を届けることはできないでしょう。でも、演劇を観に行くと役者たちの声は全ての客席に届きます。それは普段私たちが無意識に話をしている時とは違う発声方法をとっているからです。簡単に言うとそれはお腹から声を出すという発声方法なのですが、実際に行おうとするとなかなかうまくできないものです。お腹から声を出すという事はすなわち腹式呼吸をしな...

イベントやセレモニーの司会をする際は、その場にいる方に言葉をしっかりと届けるために、発声の練習が欠かせません。大勢の人を前に緊張してしまうと声帯が硬くなり声が出にくくなったり、裏返ってしまったり、語尾があやふやになってしまうなどの状態になりがちです。普段から口をしっかりと開けて、はっきりと話すように心がけると良い訓練になります。発声の基本は、腹式呼吸をマスターすることです。鼻から息を吸い込みながら...

ナレーションの方の発声は一般的に人々が喋る声よりも落ち着いた声で喋っているため、その声を聴いている時精神を落ち着かせることができますがナレーションをしていない時は一般の方と同じ声で発しているため、ナレーションとプライベートで喋る声を使い分けていることがあります。それができる理由はある程度のボイストレーニングによって可能となっているため、発声練習をしているうちに自分の声とは違う声が耳の中で響いている...