会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声障害とその克服法記事一覧

話をしようとすると喉が詰まってしまった感じがして声にならなくなったり、長く話しているとかすれてきたり、聞き取りづらい状態になってしまうという時には発声障害の疑いがあります。緊張から声が出なくなったり、ストレスが影響しているなどとも言われていますが、声帯が異常に動くために症状が出る痙攣性発声障害の人が多くなっています。普段の声帯には異常な動きが見られないため、専門の病院で診察を受けないと正しい判断が...

何か話そうとしたりして、声を出そうとしても声が出なくなったりかすれてしまったりする方がいます。声を出しすぎて出ない場合は治療を行うことで改善しますし、何かしらの病気が原因の場合その病気を治療していくことによって改善していきますが、精神的なことが要因の場合に医師の診断では何も問題がないと診断を受けているのに声が出ないということがあります。これは、「心因性発声障害」といわれるもので、ストレスや精神的シ...

人と話をする時、仕事で会議の時など、緊張して声が喉につかえるような小さな声でしか話せない人がいます、緊張は発声障害をおこし声を喉につまらせてしまうのです。性格的に消極的な人や、おとなしい人によくその傾向はみられます。でも、もって生まれた人の性格そのものは、なかなか一朝一石には直すことは難しいことです。緊張して、発声障害を起こす人にみられる特徴は自意識過剰の人に多く見られます。自分を良く他人に評価し...

発声障害とは、声が出ない又はかすれてしまうような状態で、ストレス要因でのもので、声帯部分に炎症などが起こったりしていないものなのであれば、練習をする事で話す事はできるようになります。原因が仕事などでのストレスからという事が明白なのであれば、ゆっくりと話をする練習などが必要なので、ゆっくりと練習をしていく事が大事です。練習方法としては、大きな口を開けて「あいうえお」の発声練習からになりますから、口の...