会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声練習の仕方記事一覧

世の中には、会話をしている際などの発声や発音をよくする方法についてお考えになられることがある方もいらっしゃるのではないかと思います。よりはっきりと意思伝達を行ったり、あるいは人前でのスピーチなども印象良く行うために、声の質の向上について学びたいとお考えの方もいらっしゃるのではないのでしょうか。そこで、こうした発声や発音を改善するために、専門家などによるノウハウが掲載されている書籍やDVDなどをご利...

人の声は明瞭であればあるほど、その周囲にいる人から高い評価を受けられるようになります。ビジネスの現場ならば同僚や部下、上司、そしてクライアントからの評判が良くなりますので、これからのキャリア形成に役立ちます。昇進や昇給にも近づきますので、よく通る声を獲得する経済上のメリットは大きいです。もちろん、それはプライベートについても同様です。声の良い人の周りには自然と人が集まりますので、交際関係が円滑にな...

皆さんの中に、歌を歌う機会がたくさんあるという方はとても多くいるのではないかと思います。というのも、歌が好きでうたっているのでなくても、年末の忘年会といったような飲み会などで歌うこともあれば、カラオケなどに行っても当然のことながら歌わなくてはならないからです。そこで大切なのは、発声を安定させるということです。なぜなら、それが安定していないのではうまく歌を歌うことはできないし、なによりうまく歌うこと...

カラオケへ行っても音痴なので恥ずかしいと言って歌わない人がいます。歌わなければますます音痴のままでいなければなりません。音痴でもかまわないので、一度思い切って大きな発声で歌を唄ってみてください。大きな発声で歌うと、多少は音程がずれていても立派に歌えるものです。音痴だと思い込んでいる人に効果的な発声練習が、ロングトーンです。これは一つの音をできるだけ長く、安定して出し続けるトレーニング法です。具体的...

さて、歌を歌う場合、高音、そして低音というものをうまく出せないと歌をうまく歌うことができなかったりします。そして、このような人は、どうするのが良いのかと言いますと、結構努力をすることによって、高音というものは出るようになるのです。では、どのようにするのがよいのかと言いますと、ボイストレーニングをするのが良いのです。これをすることによって、自然と低音、そして高音もしっかりと出るようになってきます。こ...

アナウンサーやナレーター、役者、声優など声を使う職業の人が必ず行っているのが発声練習と滑舌の訓練です。滑舌の訓練を行うことで口の回りがよくなり、はっきりと喋れるようになります。はっきりと喋ると非常に聞き取りやすく、言葉を相手に伝えやすくできるのです。こうした発声練習や滑舌の訓練は、専門的な職種の人ではなくても行うことにメリットがあります。たとえば、会議やプレゼンで自分の意見を通しやすくなりますし、...

声域が広いと歌える曲や表現に幅が出ます。では、低音を出せるようにするためにはどのような声の出し方をすればよいのでしょうか。普通の人は基本的に、地声で出せる音域から離れれば離れるほど、余計な力が入り、喉を締め付けるように歌ってしまいます。しかし、低音を出す際にはそのようなことをしてはいけません。なぜなら低音を出すためには、声の振動数を抑えるために、声帯を緩めなければいけないからです。したがって、思い...

基本的な発声練習をあるていど重ねていくうちに、喉や身体の使い方が少しずつわかってきます。その頃におすすめなのが「ものまね」です。「誰かの真似をしても仕方がない」と思うかもしれませんが、ものまねは発声のコツをつかむのに効果的な練習方法なのです。ものまねをする時は、自分と違うタイプの歌手を選ぶと、より発声についてわかりやすくなります。普段はブラックミュージックを歌っているという人であれば、思いっきりポ...

魅力的なヴォーカルの定義は、人により違ってきます。特にロックなどは、美しく歌うことよりもあえて崩した歌い方で表現することを好む人も多いです。しかし、どんなジャンルであれど、基本的な発声方法は同じです。基礎がしっかりとできていれば、「こういう表現をしたい」と思ったときに、どうすればそうできるのかがわかります。喉の使い方がわかりますので、無理な発声で喉を痛める心配もありません。ロックやパンクにはボイス...

少し前から「朝活」という言葉が使われることが多くなっています。これは、早起きをして朝の時間を有効に使おう、というものです。朝活では家に持ち帰った仕事を夜中ではなく早起きをして早朝に片付けたり、勉強や読書を行う人が多いです。朝の方が集中力が高まりやすいため、効率的に仕事や勉強が行えることで、朝活にシフトしていく人が増えています。夜にきちんと睡眠を取ることで、交感神経と副交感神経の働きも正常になり、心...

歌の練習や発声の練習をする時に、正しく声を出せて効果のある方法がわかれば、より充実した練習が出来るでしょう。というのは、闇雲に声を出しても上達しないばかりか、かえって喉を痛めてしまう事があるために、より正しい練習方法を身につけることは重要なのです。また、正しい練習方法で疲れにくい発声を身につけていくことで、将来的な喉のトラブルを防ぐことも出来ます。更に、効果的な練習方法がわかれば、歌の練習などの技...

歌のための発声練習などに興味を持っている方は、チェストボイスやヘッドボイスという言葉を聞かれたことがあるかもしれません。日本語では地声とか裏声とかに訳されることの多い用語です。ですが、こうした訳し方は、あたかも二種類の声を切り替えるものという間違った認識を与えやすいものでもあります。というのは、声には確かにひっくり返りやすいポイントはありますが、基本的には一つのものであり、2つのものをスイッチで切...

発声練習を行う前の準備運動はとても大切です。身体が強張っていると良い声は出せませんし、無理に声を出そうとして喉を痛めてしまうこともあるからです。発声練習前の準備運動に最適なのは、ストレッチです。丁寧なストレッチを行うことで、しっかりと身体をほぐし、歌うための身体にスイッチを切り替えていきます。特に首回りと肩は入念に行いましょう。ゆっくりと首を回したり、前後左右に伸ばすことで、声帯回りの筋肉を柔軟に...

昨今のロックバンド等のボーカルは高音を使う様な曲が目立つ為なのか、これからプロフェッショナルなボーカリストや歌手を目指して日夜修練を積んでいるミュージシャンにとっては、どの様にすれば高音を綺麗に出せるのかという事で悩んでいる方も多いのではないかと思います。実は高音を発声する為にはテクニックが必要になるのですが天賦の才を持っている様な人を除いては、正しい練習をする必要があります。その前に発声というも...

意識的に発声の質を向上させようとすると、多くの人にとってトレーニングが必要となります。普段の会話など、日常で無意識に行っている発声では、一部の筋肉が使われず、効率のよい発声につながりません。特に日本語の発声については、比較的顔の筋肉をリラックスした状態で可能な音が多く、言語としても、ストレスが弱めでも意味が通じる発話が可能なことから、響く声や通る声を要求されない言語であると言えます。この結果、伝達...

合唱で声出しをするとき、むせることがあるのはだいたい、声を喉から出しているからです。喉で歌っていたりすると声も長続きしないので喉もつらくなってくるのですぐむせてしまうのです。大きな声を出して、長く歌い続けるためには発声の練習をすることが必要になりますが、お腹から声をだして歌うことができると大きな声も平気で出すことができて長く歌い続けることができます。つまりボイストレーニングをするべきなのですが、ボ...

発声練習を行う際に、多くの学校で「ドレミファソラシド」を音階別に歌って練習をしています。それは、大変良いことであり、声が出やすいという特徴があります。しかし、中には声が低い人もいるため、中々ドレミファソラシドの音程に合わせられないという人がいます。また、多くの学校では、最後に近づくにつれ、音階を上げてしまうため、途中で発声練習をしなくなってしまうという生徒もいます。では、どのようにすればいいのかに...

俳優や女優、テレビアナウンサーといった仕事をしている人は、その職業柄、普段から声を鍛えるための様々なトレーニングをしています。よく響く、明瞭な声を出せるようになりますと、相手のこちらに対する印象も良くなりますので、声を出す仕事をしている人だけでなく、普段からよく人と接する仕事をしている人にも良い声がでるようになるとメリットになります。例えば、営業職の仕事に就いている人ならば、発声トレーニングをして...

発声練習で大事なことは、大きく綺麗な声を出すことですが、歌となると、声が良く出るだけではいけません。正しい音程で歌えるように、音感を身に着けなければ、上手いとはいえません。上手な歌手というのは、よく通る綺麗な声で、音程が正しく取れていて、しかも感情込めて歌える人のことを言います。これはかなりのトレーニングがいります。もともと耳がよい人はそんなに苦労はいりませんが、耳があまり良くない人が大人になって...

発声練習でをするにあたって最も大切なのは呼吸方法です。呼吸方法には、胸式呼吸と腹式呼吸とがありますが、よく通る声で発声をするには腹式呼吸をすることが基本です。腹式呼吸方法を覚えることから始まりますが、まずは姿勢を正してみましょう。足は腰幅くらいに開き、猫背にならないように背筋を伸ばし、顎は下に下げてお腹は出さないでへこませ、上半身をリラックスさせて支えてください。お腹を使って横隔膜を動かす感じなの...

皆さんは、発声練習の母音法についてご存じでしょうか。よく知っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。または、聞いたことがない、興味はあるけれど詳しいことはわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、この発声法について、わかりやすく説明していきます。 母音法というのは、演劇などで、日本語の母音である、あいうえお、を美しく発音するために使われている方法です。 具体的には、台詞...

喉の力を抜いてハミングをしてみると、鼻の付け根あたりがびりびりするのがわかると思います。これが鼻腔共鳴です。鼻の中の空間に声が響いているのです。発声における鼻腔共鳴のメリットはもちろん、声が響くことです。声に含まれる倍音を綺麗に響かせることが出来れば、聞き取りやすい周波数の音が増えることで、声の抜けがよくなります。したがって、力を入れなくても、聞き手に声をはっきり届けることが出来ます。これは歌う時...

鼻から抜ける声はよく色っぽいとか、セクシーだとか言われることがありますが、本人にとっては深刻に悩んでいる場合もあります。なぜなら、こうした鼻から抜ける声というのは、専門用語でいうと開鼻声と言われ、軟口蓋の拳上不全によって鼻咽腔閉鎖が不全な状態となり、その結果、呼気が口からだけではなく鼻からも漏れてしまう状態になっていることによって生じているのです。鼻咽腔閉鎖不全の程度が激しい場合には、しゃべるとき...

人間の体ではさまざまなものを作っており、これが大きな影響を与えることがあります。特に声に対しては、口の中のものが大きく関係しています。ユーザーは自分の唾液などを意識していくことで、より理想の発声をすることができます。そして、そのためには多くの練習が必要になっています。声を出す際には、自然に唾液などが出るようになっています。これは一般的なケースであり、特に問題にもなっていない要素です。しかし、専門的...

皆さんの中で、喋っているときに舌が回らずに明瞭とした声で話すことができないという人はいますか。「舌が回ってない」「また噛んじゃった」と感じることが重なると、声に自信が持てなくなったりしてしまいます。そうなると、大切な仕事の会議や授業中に発言するときに、とても緊張してしまいます。ここでは、声に悩みを持つ方に、効果的な発声練習の方法をお教えします。まずは、口をしっかり開けて話す事を意識してください。声...

就職活動の面接やビジネスの現場、そしてプライベートな人間関係など、人と人がコミュニケーションをとるときに、できるだけ相手に好印象を持たせたい場合には清潔感のある外見や礼儀正しい態度、言葉遣いなどを配慮する必要があります。これらの点に気を遣い、事前に準備をしておくことで、初対面の相手により良い印象を植え付けることができるのですが、せっかく第一印象を良くしても、ボソボソ喋ったり、声がくぐもったりします...

アタックとは、日本語では「起声」「声立て」「唄口」と訳されます。意味としては、読んで字のごとく、「声を起こすこと」です。メカニズムとしては、横隔膜がせり上がり、息が咽頭空から吐き出される時、声帯が閉じることによって振動が起きて声として発声されるのです。その時の声帯の状態(柔らかいか硬いかなど)で声の質は大きく変化する、とてもセンシビリティーな感性が求められる技術なのです。しかし、良い歌を歌うために...

発声練習と言えば、学生の頃などに放送部の人達が、休み時間や放課後に「あ、え、い、う、え、お、あ、お」と大きな声を上げて練習しているのを聞いたことがないでしょうか。彼らの声がとてもよく通って聞こえるのは、腹式呼吸をしているからなのです。発声練習の基本として、まず呼吸法から習うことになると思いますが、呼吸法には胸式呼吸と腹式呼吸とがあります。胸式呼吸をすると、空気を吸った時に肺に入れているので、胸の辺...

人には耳心地の良い声というものがあります。俳優や女優、声優、そしてアナウンサーといった声が主体となる仕事をしている人たちの言葉は聴きやすく、不快感もありませんので、安心して聞き入ることができるものです。そして、そのような魅力的な声の持ち主になりますと、プライベートやビジネスで非常に役立ちます。耳心地の良い発声ができることで、自分の意見を聞いてもらえる確率が高くなるからです。反対に、声が小さかったり...

歌を上手に歌うためにまず最初に大切な基本は発声です。発声をうまくできるようになるにはのどから声を出すのではなくお腹から声を出すようにしないとのどを傷めてしまいますし本当の美声を出せません。ですから、歌手や役者・アナウンサーなど声を使う職業の人はまず「腹から声を出す」ように発声練習をします。腹から声を出すには腹式呼吸をしないときれいな声を出す事が出来ません。最初に腹式呼吸を練習することで発声の基本中...