会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

よい発声をするためのコツ記事一覧

良い声の出し方や正しい発声方法についてよく知らない人も多いかもしれませんが、声優やアナウンサー、役者などを目指す場合、最初に声の出し方について学ぶ必要があります。まずは養成所でお腹から大きな声を出すという訓練をするのですが、これを数ヶ月続けていくことで、どんなに大声を出すのが苦手な人でも大きな声自体は出せるようになります。しかし、ただ大きいだけの声が良い声であるのかというと、決してそうとは言い切れ...

発声をしている時に、声が揺れて定まらないことがあります。これには2つの理由が考えられます。ひとつ目は肺活量が足りなくて発声が持続出来ないからです。ふたつ目には喉に力が入り過ぎていることがあげられます。どちらも基礎的な身体作りが足りないことが理由ですので、声が揺れるのを克服したい場合、トレーニングをしっかり継続して行なうことがとても大事になってきます。トレーニングとしては腹筋や背筋、柔軟運動を毎日繰...

基本的に、発声の能力を向上させるために効果が高い筋トレは、2種類に分かれています。一つ目は、腹筋や背筋などといった、一般的に誰でもすぐ思い浮かぶような筋トレです。発声に際して、お腹から声を出すということは基本と言われていますし、テレビなどでも歌が上手くなりたいならば、腹筋を鍛えるように紹介されることも多いので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。そういったトレーニングに加えて、発声の際に重要な役...

発声の方法のひとつに裏声による声の出し方があります。この方法による声の出し方の利点としては高音を出せるということがあります。裏声とはいったいどのような声を指すのかということをいいますと、日本語では一般的に地声の領域を超えた部分の音の高さで発声するようなことをいいます。たとえば地声でドレミファソラシドと徐々に音の高さを上げながら、声を出して言った場合、地声だけでは出せる声の高さに限界があります。それ...

人間、誰しも歌を歌う時には、少しでも上手に歌いたいと願うものです。ですから本番で歌う前には、多かれ少なかれ、発声練習などのウォーミングアップが必要になります。それは老若男女の区別無く、また、プロ・アマを問わずに必要とされることです。しかし、せっかくの発声練習も、もしもメンタル面のウォーミングアップが不十分ですと、その効果は半減してしまいます。たとえば人前に出ると緊張してしまう人は、まずは緊張を解き...

簡単な単語や言いやすい表現があるように、世の中には口にするのが難しい単語や言いにくい表現もあります。このような表現は滅多に利用する機会がないようで、実際には頻繁に見受けられますので、発声練習の際には滑舌を良くするために難しい表現にあえて挑戦する人も多くいます。滑舌を上手に発声する練習法としては早口言葉があります。あえて言いにくい表現を集め、それを上手に言えるようになるまで練習することで、発音の難し...

「歌を上手く歌いたい」「プロのシンガーになりたい」という希望があると言う人が行なっているものに発声の練習という事があります。 発声のテクニックを学ぶことによって、より大きな声を出すことが出来たり、高音の声が出すことが出来ると思われています。 そして、多くの場合で注目されているのが、腹式呼吸です。しかし、この腹式呼吸に関しては誤解をしている人が少なくはありません。それは、腹筋を鍛えたり、腹式呼吸の練...

背中から声を出すことにより、自分の声をもっと高くしたり低くしたり調整することができますが、それには発声方法を正しく行わないといけないためボイストレーニング教室に通って、プロの先生に発声の稽古をつけてもらう必要があります。また良い声を出す方法は自分の背中の背筋を直立させることにより、筋の通った綺麗な声を出せる可能性がありますが、長時間の発声訓練が関係している可能性もあるからできるだけ時間をかけて背筋...

友人や会社の同僚と一緒にカラオケに行く人は多くいます。プライベートな目的からビジネスのつながりで出かける人も多いですが、公私に関わらず、人前で歌うときは音痴でいるよりも、上手な歌声を披露した方が良いです。同じ曲であっても、良い声で歌える人とそうでない人とでは、明らかに前者の方が後者よりも周囲の人から高い評価を受けることができるようになります。好印象な人ほど人間関係を発展しやすく、プライベートからビ...

発声をトレーニングする場合は、肺で浅く呼吸するのではなく腹式呼吸ができるということが重要です。胸式呼吸による浅い呼吸をしていると発声もよくなりませんし、歌を歌う場合でも喉だけを使って出している様な歌声になってしまうのです。逆に腹式呼吸によってお腹から出す声で歌った場合は声に深みが増します。複式呼吸が上手くできないという場合は、まず足を肩幅くらいに開いて立って、一番下の肋骨とおへその間辺りにある横隔...

人が歌を歌う時も、朗読をする時も、人前で話をする時も、どうしたらそれがより良く、聴く人に心地よく響く声で、伝えることが出来るかが大事なことです。それはいかにして、より良い発声が出来るかということになります。よりよい発声とは、声が大きなこと、声が喉に詰っていないこと、言葉がきちんと伝わっていること、何よりも大事なことは、声を前に出すことです。声を前に出すことによって聴く人に、心地よく伝えることも出来...

みなさんは歌を歌ったり、大勢の人の前で話をする時の発声の仕方を意識したことがありますか?ただ声を出すだけではなく、聞き取りやすくて、遠くまで通る声の人は、あらゆる所で人に頼りにされます。そして、聞き手に話を聞こうという意識を持たせることができます。話し上手な人はただ口が達者なだけではなく、話し方やその発声にも人を惹きつけるものがあるのです。つまり声とは、人の印象を決める一つの媒体でもあるのです。も...

発声するとき、喉の開き方はどうするのが良いのでしょうか?たしかに、ただ話すのとは違いますから、何かコツがあるのでしょう。普段わたしたちが話すときには口の開き具合や舌の動かし方などを意識していませんからどのように行なっているか、自覚していません。特に意図することなく、自然にできてしまいます。しかし、発声するときには体にしっかり染み付いて自然にできるようになっていなければ、初めのうちはそれなりに意識し...

歌唱していて一番多い悩みであるのは、長く声が続かないということではないでしょうか。あともう少し声を出せた方が綺麗に決まるような場面でも、息が続かずに切れてしまって余韻が台無しになることがよくあります。長く発声出来ない理由としては、きちんとブレスが出来ていないからです。歌と歌との間に一瞬でしっかりと息を吸っておくことで、長く発声できるようになります。ブレスが上手になる為には、日頃から呼吸に癖付けをし...

多くの人が小学校や中学校を通して音楽に親しみを持っていたと考えることができます。特に、音楽の授業をおいて多くの時間を費やされたのが歌であるということができます。歌を歌うということによってクラスの仲間と仲良くなったりすることがあると思います。例えば大会があれば、優勝を目指して練習をします。ところが、やはり長時間歌い続けるということは非常に疲れます。それは、なぜかと言いますと、歌を歌うことは話をし続け...

発声は歌を歌う時だけに有効と思われがちですが、アナウンサーなどの職業を見ても分かるように主に話を生業とする職業では必須のスキルと言えます。また、それ以外にも話をする際に滑舌を良くしたり抑揚を付けるなど、人とのコミュニケーションの際にこうした技術を身に付けておくことで、人に良い印象をを与えたり、快活に思われるなどさまざまなメリットがあります。話をすることで理解を得、好感度を上げて支持を集めなければな...

良い声を出すことをボイストレーニングの一番の目的としている人はたくさんいますが、ボイストレーニングにおいて何より重要なのは、喉を痛めないための発声を学ぶということです。喉を痛めないための発声というのは、つまりは「正しい発声方法」ですから、これを身に付けることで自然と良い声が出せるようになってきます。高音を出したい、声量をアップしたいという技術的な面を求めすぎて、無理な発声になり喉を痛めてしまう人は...

声優やアナウンサーや役者にとって大事なのは、正しい発声ができるかどうかです。養成所などでは必ずお腹から大きな声を出す訓練をします。これを続ければ、どんなに声が小さかった人でも大きな声を出せるようになります。しかし、大きな声と正しい発声とは違うのです。正しい発声をするには呼吸法が重要になります。呼吸法には腹式呼吸と胸式呼吸があります。腹式呼吸というのはお腹を使って呼吸し、胸式呼吸というのは肋骨を広げ...

世の中には、よく人前でお話をされる機会がある方もいらっしゃるのではないかと思いますが、より周囲に響く声や通る声を手に入れたいとお考えになられている方もいらっしゃるのではないかと思います。こうした声と申しますのは、発声練習を重ねることによりまして、磨かれてゆく場合も多くあるようでして、専門の書籍やDVDをご参考になさったり、関連のスクールに通われることなどによりまして、その方法を学ぶことができるよう...

好きなミュージシャンの歌を聞いて、何故こんなに高い声が出せるのだろう、と思ったことのある方は沢山いらっしゃる事でしょう。特に、カラオケなどに行っても高い声で歌うと喉が詰まったようになってしまう方は、そうした疑問を持つのは当然だと思います。プロの歌手は3オクターブの音域を持つ人が沢山います。一方、歌の素人で音域の狭い方の中には、1オクターブも出すことが出来ない方もいます。果して、人間の出せる発声音域...

良い声を出すときに重要なのは腹筋だと思っている人がたくさんいます。確かに、腹筋は発声において非常に大切です。良い声を出すためには横隔膜と、その動きをサポートする筋肉が必要ですから、お腹まわりの筋肉を鍛えることはボイストレーニングでも重要視されています。腹式呼吸が良いと言われるのも、こういった点からです。しかし、声をさらに安定させるためには、腹筋だけでなく背筋も大切なのです。身体の前面からだけではな...

世の中には、コミュニケーションについてよく学ばれている方も多く存在しているのではないかと思います。こうしたコミュニケーションと申しますのは、使っている言葉の巧みさだけではなく、声の調子や抑揚、身振り手振り、その人の雰囲気なども重要になってくることがあるそうです。そこで発声練習などを行われることによりまして、より通る声を作られたり、あるいはより意思伝達がしやすい話し方を日常的に心がけておられるような...