会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

合唱の発声の基礎練習について

スポンサーリンク

合唱をするときに、「発声」というのは凄く重要になってきます。
もちろん、歌を歌際に声を出すからです。
では、どのように練習をすればいいのかについて説明します。
一番大切なことは、「最初から無理をしない」ということです。
最初から無理をしてしまうと、本番までに喉を潰してしまい、声が出ないということが考えられます。
そのため、無理をしてはいけないのです。
まずはじめにやることは、パートわけです。
パートとは、声が高い人用の「ソプラノ」とちょっと低めの「アルト」と低めの「バス」の3種類あれば十分です。
各パートごとに、違った練習方法をしないと、バスの人がソプラノの人の練習をすると、声が出ないばかりか無理をしてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

では、どのように練習をするかです。
基礎は、「ラ・ラ・ラ・ラ」を各パートごとに音階を変えて行うことです。
ソプラノであれば、最後に近づくにつれて声を高くしていき、アルトとバスは低くしていくのがコツです。
合唱では、きれいなハーモニーが重視されます。
そのため、普段からこういった基礎練習を行っていれば、本番でもきれいなハーモニーを奏でられるようになります。
そのほかの練習は、合唱の曲にもよります。
たとえば、サビから手拍子が入れられそうな曲であれば、手拍子を入れて音程を合わせてもいいです。
そういった演出は、評価の対象になりやすいので、ある程度きれいなハーモニーを奏でられていると感じれば、そういった演出を入れてみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加