会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります

スポンサーリンク

カラオケへ行っても音痴なので恥ずかしいと言って歌わない人がいます。
歌わなければますます音痴のままでいなければなりません。
音痴でもかまわないので、一度思い切って大きな発声で歌を唄ってみてください。
大きな発声で歌うと、多少は音程がずれていても立派に歌えるものです。
音痴だと思い込んでいる人に効果的な発声練習が、ロングトーンです。
これは一つの音をできるだけ長く、安定して出し続けるトレーニング法です。
具体的には、息をゆっくりと吸い込み、息が続く限り発声をします。
そして、同じ音程を同じ息の強さで発声するようにします。
まず「あー」から始めて、慣れてきたら他の母音や音程を変えて行っていくのです。
コツは腹式呼吸で安定した呼吸をすることです。

スポンサーリンク

ロングトーンのトレーニングでは呼吸が安定しないと効果が出ませんので、なるべく意識してお腹を膨らませるようにしてください。
慣れないうちは声が不安定になって息切れしてしまいますが、慣れてくると安定して声が出せるようになります。
一つの音を安定して出せるようになったら、他の音も出せるように練習してください。
その練習も、より長く声を出せるようにしたり、少しずつ強く声を出す方法などを取り入れたりすれば発声が上達します。
この段階までくれば、音痴は卒業できます。
あとは歌いたい曲を普通に練習すれば良いのです。
このロングトーンのトレーニングをやることで技術面の向上だけでなく、自分に自信がつきますから音痴から抜け出せるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。