会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

割り箸を奥歯で固定する発声練習の方法もあります。

スポンサーリンク

歌を上手く歌いたいという方は、意外に多いのではないでしょうか。
歌は、発声練習をすることで上手くすることができます。
発声練習は、ボイストレーニングとも呼ばれています。
ボイストレーニングは、自宅でもひとりで行うことができますが、教室に通い、直接指導してもらうこともできます。
ボイストレーニングを行うと歌が上手くなるだけではなく、喋る時の声に悩んでいる方でも、声の悩みを解消することができます。
ボイストレーニングをする時の基本は、正しい姿勢で行うことです。
そして、腹式呼吸を意識して行うようにするということが、正しい発声方法の第一歩になります。
姿勢と呼吸に気をつけて、ボイストレーニングをしていくようにしましょう。
ボイストレーニングの前にストレッチをしておくと、更に声を出しやすくすることができます。

スポンサーリンク

ボイストレーニングには、さまざまな方法があります。
自宅でも行えるのが、割り箸を使用した方法です。
これは、割り箸を二本口の中に入れて奥歯で固定し、そのまま声を出すという方法です。
こうすることでノドが開き、いつもより声が響くようになります。
割り箸を固定した状態で、自分が出せる音域の確認や舌や唇の動きをチェックしましょう。
声量をアップさせたい場合は、ペットボトルを使用した練習方法があります。
この方法では、ペットボトルを口にくわえ、ペットボトルがつぶれるくらいに息を吸い込み、それから大きな声を出します。
何度も繰り返せば、声量をアップさせることができます。
ボイストレーニングを毎日続ければ、理想の声に近づくことができ、カラオケを楽しんだり、声の悩みを解消することができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加