会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声が下手な原因は意外なところに

スポンサーリンク

歌というのはプロの人だけではなく一般の人でも歌う機会がいたるところにあります。
カラオケや演劇、二次会の出し物などでいい歌を披露できたら自分の周りの人も楽しいです。
音痴という言葉がありますが、これは音感が無くて正しい音を当てられない人のことを指します。
しかし音痴というのは治すことができます。
その方法はボイストレーニングなどの発声練習や、いい曲を口ずさみながら聴くなど様々です。
また自分が音は想像できるのに歌うと正しい音を当てられないという人もいます。
しかし、これは厳密に言うと音痴ではなくただ発声が下手なだけです。
ボイストレーニングや複式呼吸の練習でしっかりとした発声の仕方を学んで練習すれば歌がうまくなります。

スポンサーリンク

そもそも発声が下手というものの原因は様々です。
喉だけを使って歌っていたり、精神的に不安定だったり体調が悪かったりと、発声方法だけでなく精神面も大きく関わってきます。
精神的な不安定は歌が苦手だという意識からくるものが多いので、ボイストレーニングでしっかり練習して上達すれば自信に繋がり緊張したり不安になることはなくなります。
歌を上手く歌うコツというものがあれば楽しく力まず、上手く歌おうと思わず楽しもうと思うことです。
これはプロの人にも言えますが、一線を画した上手さの人は一貫して音楽というものに入り込んで体全体で楽しんでいます。
その姿には緊張や不安の様子は全く見られないです。
複式呼吸で息をいっぱい吸って、フロア全体に響かすイメージで楽しんで歌うことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加