会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

腹式呼吸で発声は顎を引く

スポンサーリンク

発声をトレーニングする場合は、肺で浅く呼吸するのではなく腹式呼吸ができるということが重要です。
胸式呼吸による浅い呼吸をしていると発声もよくなりませんし、歌を歌う場合でも喉だけを使って出している様な歌声になってしまうのです。
逆に腹式呼吸によってお腹から出す声で歌った場合は声に深みが増します。
複式呼吸が上手くできないという場合は、まず足を肩幅くらいに開いて立って、一番下の肋骨とおへその間辺りにある横隔膜を手で押さえてください。
そして、顎を引くこと、引いた顎を下げて大きく息を吸ってみてください。
息を吐く場合は、口はほとんど開かずに、つーと言う感じで声を出さずに息だけを出しきります。
これを繰り返して練習してみてください。

スポンサーリンク

これでも上手くいかないという場合は、仰向けになって寝た状態で、同様に一番下の肋骨をおへその間くらいに手を置いて、お腹に空気を入れるつもりで息を吸ってみてください。
お腹が膨らんでくれば複式呼吸ができているはずです。
お腹に空気を入れるつもりで大きく息を吸って、息を吐ききるまで「あー」と声を出してみましょう。
この時声がぶれないで一定になるように出してみてください。
学生時代などで休み時間や、放課後に放送部の人たちが、「あ、え、い、う、え、お、あ、お、」と発声練習をしているのを聞いたことはないでしょうか。
「あー」と発声してみたら、今度はい、う、え、お、まで順番に声を出しして、複式呼吸で発声できるようにしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加