会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

腹筋が割れると発声の質が高くなる

スポンサーリンク

声の質が高くなるかどうかの見極めのポイントとして、腹筋の割れ具合があります。
腹筋を鍛えますと、遠くまで響くような力強い声が出せるようになりますので、ビジネスマンとして最高の結果を求めている人は、まず先に腹筋を鍛えることをオススメします。
腹筋を毎日鍛え続け、そしてある日腹筋が割れるのをその目で確認しましたら、以前の自分の声と今の自分の声を比べてみることをオススメします。
そのあまりにも変化してしまった自分の声に驚くこと請け合いです。
なぜ声の質に変化が起きるのかと言いますと、それは腹筋が発声に与える影響が大きいからです。
人の声は空気を振動させるだけの力があります。
そしてこの振動に対して、腹筋の持つ機能が大きく貢献します。

スポンサーリンク

腹筋を鍛えると、空気に響くような声が出せるようになりますので、腹筋が割れているビジネスパーソンほど交渉やプレゼンテーションの場では高い成果を発揮することができます。
まず、声が大きくなることで、自社の商品やサービスの強みを強調、相手の心に力強く届けることができるようになります。
他にも交渉の場では、相手を説得するだけの力強いプレゼンテーションができるようになりますので、契約の獲得数などに割れた腹筋は大きく貢献してくれるのです。
腹筋が割れるまでは、まだまだそれほど大きな声は出せませんので、今お腹を見て、割れていない腹筋がありましたら今日からトレーニングに励むことをオススメします。
その腹筋が割れるようになったとき、ビジネスマンとして大きなチャンスがやってきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加