会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声練習で叫び声を出すときのポイント

スポンサーリンク

友人や会社の同僚と一緒にカラオケに行く人は多くいます。
プライベートな目的からビジネスのつながりで出かける人も多いですが、公私に関わらず、人前で歌うときは音痴でいるよりも、上手な歌声を披露した方が良いです。
同じ曲であっても、良い声で歌える人とそうでない人とでは、明らかに前者の方が後者よりも周囲の人から高い評価を受けることができるようになります。
好印象な人ほど人間関係を発展しやすく、プライベートからビジネスの場まで交流が盛んになりますので、人脈を広げて交際関係を発展したいという人は同時に耳心地の良い声を目指して発声練習に勤しむことをオススメします。
叫び声一つとっても、良い声が出せるようになるだけで、周囲の評価は大きく異なります。

スポンサーリンク

発声練習の中には、力の限り声を出す、つまり叫び声を出すといった練習があります。
この練習をすることで肺活量を高めて、声の質をあげることができます。
なによりも、声を力の限り叫ぶことはストレス解消にもつながりますので、毎日叫び声を上げるだけで精神的にスッキリし、気分よく毎日の生活を過ごせるようになりますので、ポジティブな気分でコミュニケーションをとりたい人にもオススメの発声練習法になります。
ただし、叫び声をあげるときは喉を震わせるのではなく、腹から声を出すことを心がけることをオススメします。
喉を張りますと、叫び声をあげるときの負担を大きく受けますので、喉がかすれたり、潰れたりしまうリスクがありますが、腹から声を出すことでそれを防ぎ、良い声で叫ぶことができるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加