会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声における胸声の解説

スポンサーリンク

発声にはさまざまな種類がありますが、今回はその中の一つである「胸声」について書いていきたいと思います。
「胸声」とは声楽など歌唱の際に使われる言葉で、一般的に「地声」と呼ばれるものです。
こうしたことからも分かるように通常は低い声であることが普通ですが、声の高さは人によって差がありますので、声の高さが決められている訳ではありません。
声の高さは決められていませんが、合唱などが特に顕著ですが、歌を歌う際には、声の高さが決められていたり、声の高さを揃えなければいけませんので、先程「地声」と同じ意味と書きましたが、歌唱の際には若干意味が変わりますので、厳密にはこれらの言葉には差があります。
対義語としては、「裏声」などがあります。

スポンサーリンク

また、声楽としての意味は、ファルセットや裏声よりも低い音域全体を指す場合と、声区としては、主に「胸声」、「頭声」、「中声」、「ファルセット」の4分類に分けられますが、これの一番低い区分を指す場合があります。
また、他の分類としては、ファルセット以外の声を実声と呼び、それを3種類程度に分類し、その一番下の音域を指す場合もあります。
このように胸声は、低い声を言いますので、歌い手は、体全体を使って表現されることが多いですし、聞き手にもまた、地鳴りのような体に響く太い声として認識されます。
声の出し方としては、喉を閉めて行われますが、一般的にこれが長いほど声が太くなり表現が豊かで、良いものとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加