会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

大きな声で発声することは高齢者に良い効果があります

スポンサーリンク

大きな声で発声をすることは、身体全体の血液の循環を良くし、それによって身体の機能の働きが良くなり、腸の活躍も促され、心身共に活力が出てきて、心も明るくなり、物事の考え方も前向きに考えることが出来るようになり、それにより身体の不調も悲観的に考えること無く、大きな声で発声をすることにより、口から身体の中の色々な不純物が吐き出されていくような気持ちになり、気分が爽快になり身体に良い効果は絶大です。
しかし家の中にこもりがちな高齢者が大きな声で発声をすることは大変難しいことだとおもいます。
発声を促すには先ず耳から音を聞くことです。
音を聞きそれを真似て自分から声を出すことが最初の練習だとおもいます。
あいうえお、から始めてもよいでしょう。

スポンサーリンク

高齢者の場合、人前に出ることを嫌う人が多いですので、できるだけみなの集まるような所へいくことから始めましょう。
そうして、皆と一緒に楽しく音楽を聴いて気持ちをほぐして、身体を動かすようにして、自然とじぶんの身体の中から声が出るようにして、楽しい気持ちにさせることが一番です。
音楽によって声を出すことが、一番大きな声を出して発声をすることにつながると思います。
音楽療法という方法もありますように聞くことから初めて大きな声で発声をすることにつなげていくことが大切と思います。
昔のなつかしい歌を聞かせたり、一緒に歌ったりすれば、自然と嬉しくなって大きな声も出てくると思います。
そこまで指導していくのは大変と思いますが、体に良い効果はてきめんです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加