会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

股関節も発声には大切なポイント

スポンサーリンク

基本的に、発声の能力を向上させるために効果が高い筋トレは、2種類に分かれています。
一つ目は、腹筋や背筋などといった、一般的に誰でもすぐ思い浮かぶような筋トレです。
発声に際して、お腹から声を出すということは基本と言われていますし、テレビなどでも歌が上手くなりたいならば、腹筋を鍛えるように紹介されることも多いので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
そういったトレーニングに加えて、発声の際に重要な役割を果たす他の部分を鍛えると言うトレーニングが存在します。
中でも、股関節など下半身のトレーニングやストレッチは、質の良い声を発するためには、必要不可欠と言われています。
ボイストレーニングの現場などでは、股関節の重要性は高く認識されています。

スポンサーリンク

下半身を鍛えると結果的に楽に姿勢を保つことができますし、声を支える土台が出来ます。
しっかりとした土台がなければ、その上に家は建てられません。
これは、発声に関しても全く同じ事が言えるのです。
特にふとももの周りの筋肉は、発声にも大きな影響があります。
そのため、スクワットなどを行うと、その効果は足だけではなく、体全体、そして声にも影響してきます。
太ももを鍛える時に行うスクワットですが、できるだけゆったりとしたスピードで行うようにしましょう。
その際も、太ももの筋肉が動いていると言う事を意識して行うとベターです。
その他にも、開脚などのストレッチを行う事も発声により高い効果をもたらすため、毎日行うと良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加