会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声と口の中の深い関係

スポンサーリンク

良い声質とは、響きのある声です。
そのような声質を作り上げるには、発声練習で出来ます。
発声は、口の中と大きな関わりがあります。
普段、人が何気なく行われている歯磨きですが、通常は歯だけを磨きます。
良い声を出すには舌と歯茎を磨くと良いと言われています。
普段意識しない、この二ヶ所を鍛え上げると、驚くほどの発声効果があると言われています。
声を出すには、お腹からと言われていますが、実は舌と歯茎もよい声を出す大きな役割をはたしていたのです。
この二ヵ所を鍛え上げるというのはなかなか困難なことなので、歯ブラシで、ブラッシングしていきます。
歯ブラシは、柔らかめのタイプをセレクトします。
刺激することで鍛えられて、良い声を出せるようになります。

スポンサーリンク

美しい声質は、生まれ持ったものといいますが、発声トレーニングで大きく改善されていきます。
よく言われているのは、口の中の空間がないと良い声が出せないということです。
口のなかと発声とは深い関係がありますが、あまり良くない口のかたちだと良い声は出せません。
あまり口が開かないと喉に余計な負担をかけてしまって、悪い声質になってしまいます。
口角が下がっている人は、表情が乏しくなってしまいます。
暗く見えてしまったり、感じが悪くなってしまいます。
そればかりか、響きの悪い声になってしまうとも言われています。
良い口のかたちは、口角が上がっている大きな口です。
響きの良い美しい声が出せると言われています。
鍛えるだけで誰でも口角が上がるとも言われているのでトレーニングが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加