会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

口を横に開いた発声について

スポンサーリンク

歌う時の口の開き方は個人差があります。
また、先生によっても指導方針が異なるのはよくあることです。
今回は口の開き方の縦横についての話です。
まず、口を横に開いた発声の効果としては、歌詞を「しゃべる」ことが可能であるということです。
なぜなら、一般に日本語を話す場合は口を横に開くことが多いからです。
口を横に開くことで、言葉の一つ一つがはっきりと発声され、歌詞を語り聞かせるような歌い方を可能とします。
一方、口を縦に開く効果としては、音が寄り集まった、深く太い声が出せることです。
これはやり方にもよりますが、一般に口を縦に開くことで、口腔内の空間を広く、口そのものの開き方は小さくなります。
それにより口腔内で響いた声が太く力強い形で発せられるからです。

スポンサーリンク

実際に使う場面を考えてみましょう。
口を横に開いた発声は、主に演歌やポップスを歌う場合に向いています。
なぜならこれらの曲は主にメロディやリズム、声色が重要な要素になっているからです。
口を縦に開くと言葉をうまく発せられなくなります。
したがって口を横に開き、歌詞をはっきりと聞き手に伝える必要があるのです。
口を縦に開いた発声は、主に合唱や海外の古典歌曲を歌う際に有効に機能します。
合唱の場合は、ハーモニーや音量の大小、音色が重要になりますので、口を縦に開き、より楽器的で、力強く芯のある声の響きを使う必要があります。
また、ヨーロッパの言語は日本語と異なり、口を縦に開いたほうが正しく発声できる言葉があります。
また、ポップスよりも声の響きを重要視する傾向にありますので、口を縦に開くことで、よりそれらしい歌い方が可能となるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

口を横に開いた発声について関連ページ

発声と口の中の深い関係
発声時の口の開け方について