会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

歌を上手に歌うためにまず最初に大切な基本は発声です。
発声をうまくできるようになるにはのどから声を出すのではなくお腹から声を出すようにしないとのどを傷めてしまいますし本当の美声を出せません。
ですから、歌手や役者・アナウンサーなど声を使う職業の人はまず「腹から声を出す」ように発声練習をします。
腹から声を出すには腹式呼吸をしないときれいな声を出す事が出来ません。
最初に腹式呼吸を練習することで発声の基本中の基本を身につける事ができます。
腹式呼吸をする習慣をつけるといわゆる「のど声」でのどを傷めることがなくなりより長い発声ができるようになります。
すると自然に美しい声が出せるようになるのです。
では腹式呼吸の練習にはどのような方法が効果的なのでしょうか。

スポンサーリンク

腹式呼吸を使う動作はいったい何でしょうか。
口笛がその動作です。
口笛は口をすぼめてお腹の底から息を吐かないとなかなかうまく吹く事ができません。
つまり、口笛を日常的に吹くことが腹式呼吸の練習になるのです。
日々の練習の前にまず口笛を吹く練習をしてみましょう。
最初は簡単ではありませんが、腹から声を出す練習とセットで行うことでいつの間にか口笛も歌もうまくなっているはずです。
個人差はありますが口笛を上手に吹くことは難しくてもお腹から声を出す練習には役立ちますしのど声のクセを直す事ができます。
あくまでも発声練習がメインなのでそちらの方を意識して練習を行うようにして下さい。
気がつけば美しい声が出るようになったと喜んでいるあなたがいるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法