会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声音がこもる場合について

スポンサーリンク

発声音がこもる場合には、話者が自信を持って話していない場合が多いのです。
常に声がこもっている人は、自分自身に自信を持っていない人が多いのです。
このような人には、自己啓発等、自分に自信を持つような行動をすることが発声練習になります。
 自分に自信を持つことによって、自然と声に張りが出てきて、いわゆる「こもり」が取れてきます。
 自分に自信を持つためには、得意分野を持つことが重要です。
誰にも負けない得意分野を1つだけでも持てば、不得意分野があっても、人は誰でも得手不得手があるからしょうがない、などと前向きに考えることができるようになります。
一つも得意分野が無ければ、心に余裕が無いため、そのような前向きな気持ちになれません。

スポンサーリンク

 得意分野の獲得は、資格の取得、楽器演奏などの技能の習得、スポーツの上達などによって可能となります。
もちろん、恋人がいる人は、それだけで得意分野を獲得するのと同等の自信を獲得することが出来ます。
 資格やスポーツは、マイナーなものを選んで挑戦することをお勧めします。
メジャーなものは競争が激しいため、余程の自信が無い限り困難です。
その点技能の習得は、比較的楽です。
たとえば工場勤務者は、一定の作業を誰よりも早く正確にこなす必要に迫られ、一日中その作業を長期間行うことで、その作業については誰にも負けない技能を身につけることができます。
しかも、その技能は企業にとっては宝のようなものになり、重宝がられます。
 いずれにしても、得意分野を獲得することが、声がこもる人の有効な発声練習です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加