会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

喉を痛めないための発声

スポンサーリンク

良い声を出すことをボイストレーニングの一番の目的としている人はたくさんいますが、ボイストレーニングにおいて何より重要なのは、喉を痛めないための発声を学ぶということです。
喉を痛めないための発声というのは、つまりは「正しい発声方法」ですから、これを身に付けることで自然と良い声が出せるようになってきます。
高音を出したい、声量をアップしたいという技術的な面を求めすぎて、無理な発声になり喉を痛めてしまう人は少なくありません。
技術的なトレーニングを開始する前に、まずは基本的な発声練習を充分に行い、身に付けておくことが大切なのです。
基礎が身に付いていれば喉を痛めることもありませんし、技術の習得も早くなります。

スポンサーリンク

発声の基本は、正しい姿勢と呼吸です。
姿勢については「下半身はしっかり、上半身はリラックス」が原則です。
両脚でしっかりと身体を支え、肩や首は余計な力が入らないようにゆるめます。
上半身に余計な力が入ってしまうと喉が締まりやすくなり、思うように声が出せなくなってしまうからです。
このときに、無理に声を出そうとすることで、喉を痛めてしまう人が多いです。
呼吸はいわゆる腹式呼吸ですが、単にお腹に空気を入れるということではなく、横隔膜をしっかりと使うことを意識しましょう。
さらに言えば、横隔膜の動きをサポートするために、腹筋・背筋を鍛えるのが理想的です。
腹筋に関しては、前面だけでなく脇腹の筋肉も鍛え、上半身全体で横隔膜を支えるのがポイントです。
このように、良い声を出すにはベースとなる身体作りが最初に必要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加