会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声における「喉仏を下げる」ということについて

スポンサーリンク

発声においては、一般的に「喉仏を下げる」のが正しい発声法だとされています。
しかし、ではなぜ喉仏を下げるのかということを教えられていない人も多いのではないでしょうか。
実は、喉仏の裏には、声を出すための重要器官である声帯がつながっています。
喉仏を下げるということは、簡単に言えば「声帯を引き延ばしている」ということにほかなりません。
声帯を伸ばすことによって、声帯の振動数を自然に増やすことが出来ます。
これは即ち、安定した高音を出せるようになるということです。
また、口の奥に空間をつくる効果もあります。
そうすることにより声を共鳴させるためのスペースが大きくなり、より響きのある豊かな発声が可能になるのです。

スポンサーリンク

ただし、勘違いしてはいけないのは、喉仏を無理矢理に下げては全くの逆効果になる恐れがあるということです。
喉の筋肉のつながりの関係上、高音を出す際に喉仏が上がるのは自然な現象なのです。
強引に下げた場合、逆に喉の周りに無理な力が入り、声帯や舌の運動を阻害してしまいます。
そしてその結果、綺麗な発声を妨げることになってしまうのです。
最悪の場合には、喉を傷めてしまうことにもなりかねません。
実際には高音を出す際に適度に力が入り、自然と引き下がるのが理想的な発声法なのです。
指で強引に下げるなど、練習であってももってのほかです。
あまり神経質になりすぎずに、たまに触って確かめる程度でも十分です。
正しい練習法で、正しく喉を開けられるようにしたいですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加