会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発生の構造の仕組み・発声方法について

スポンサーリンク

皆さんは、普段から声を出していますが、どのように声を出しているかなんて、あまり考えた事がないですよね。
まず、声はどういうものかというと、空気の振動によって生じるものを言います。
もちろん目には見えません。
音声信号を見れば、空気の振動がはっきりと分かります。
電気信号はマイクロホンを通して電気信号に変換し、オシロスコープ等で表示・観測することができます。
また、言葉それぞれに発声方法があり、発音しにくいものや発生しやすいものなど様々です。
基本的な構造は、母音と子音で成りい立っています。
今回は母音について説明します。
母音では、声を出すために必要となる音源は声帯で作り出されます。
肺から押し出される呼気は、期間の途中にある喉頭という部位の呼吸を止める働きをする3つの弁を通過します。
の弁を通過します。

スポンサーリンク

声帯は3つの弁の一つで、喉頭部の一番下に付いています。
他の二つはそれぞれ喉頭蓋、仮声帯と呼ばれます。
前者は呼気を完全に止める作用をしていますが、後者の役割はまだ解明されていません。
一方、声帯は二枚のヒダを開閉することによって、呼気を断続的に止める働きがあり、その断続によって空気流が発生します。
声帯筋を緊張させるとこのヒダに張力が加わるため、ヒダの開閉の周波数が高くなり、声が高くなります。
また、呼気流を大きくすると声が高くなります。
この声帯の振動周期がピッチ(声の高さ)を与えています。
難しい言葉も少々あり、すこし難しい文章になってしまいましたが、まとめとしますと、声は喉やお腹などにある複数の部位が働いてできるのです。
声についての意識が少しでも変わってくれれば幸いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加