会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声方法と鎖骨について

スポンサーリンク

オペラ歌手やアナウンサーなど、その美しい声が一体どこからきているのか、不思議に感じることも多いです。
普通の人が大きな声を出そうとしても、ある程度の音量になると声がかすれてしまい、潰れたような、か細い声になってしまうこともあります。
声の発声法には様々ありますが、良い声を出すためには、まず呼吸法を整えなければならないのです。
息を吸った時、両側の肩が上がる呼吸を鎖骨呼吸と呼びます。
試しに実際に行ってみると分かりますが、こうした呼吸をしている時には、体の上半身にかなりの力が入っています。
この状態で大きな声を出すと、喉に負担がかかり、声を長く出すことも困難になります。
ですので、歌などで良い発声をするには、眠っている時にしているような腹式呼吸が必要になるのです。

スポンサーリンク

 美しい声を出すトレーニングは数多くありますが、ここで大切なのは声帯を柔らかくしておくということです。
鎖骨と首の丁度真ん中にあたる所に触ると、少し柔らかい部分がありますが、この部分を指で前に広げてていくようにするのが声帯を伸ばす一つの方法です。
そして発声の第一歩は、口を大きく開くことから始まります。
口を開くと、顔や喉周りの筋肉のみならず、下腹のほうにもある程度の力がかかるのが実感出来ます。
歌を歌う時というのは、いわば全身が一つの楽器のような役割を担いますので、口だけで発声するのでは不十分なのです。
そして喉も開くように意識します。
実際に声を出さなくても、筋肉を動かすようにするだけも効果はあります。
常日頃から意識してトレーニングをしておくことが美しい発声の秘訣なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加