会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

人間の声帯と発声の仕組み

スポンサーリンク

私達人間が声を発する時、人体の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか。
実は、発声の仕組みを知ることで、自分の声を魅力的にするヒントが見えてきます。
まず、声を発するには呼吸をすることが必要です。
一度息を止めて喋ろうとしてみると、殆ど何も言えないことがわかると思います。
さて、呼吸をするには肺が膨張、収縮の動きをすることが必要です。
ただ、肺というのは単体では膨らんだり縮んだり出来ないことをご存知でしょうか。
肺の活動には体内の他の臓器の活動が必要なのです。
その役目を担っているのが横隔膜です。
横隔膜は身体の中を心肺部分と消化器部分に分断している筋肉の膜です。
この膜は息を吐いた状態では凸状になっており、息を吸い込むと平坦に近い形状になります。
これにより横隔膜より上の体内の圧力が変化し、その影響で肺が膨らんだり縮んだりするのです。

スポンサーリンク

横隔膜の動きにより、吐き出された息は喉仏の骨の中に格納されている声帯に吹きつけられます。
声帯は唇をピッタリ合わせたような形状をしていて、息が吹きかけられると複雑な振動が起こります。
この時に発生する振動音は声帯原音と呼ばれ、声の基礎になります。
声帯が振動する幅によって声の高さが変わるのですが。
通常私達人間は無意識にこれを操って声の高低を作っています。
声帯は不随意筋なので、直接のコントロールは出来ないのですが、高い声を出そうと思うと、自動的に振動幅が短くなるのです。
こうして作られた声の素は喉や口の中で反響して拡大された後、唇や舌などを使って言葉に整えられます。
これが発声の仕組みです。
もし魅力的な声を手に入れたいならば、適切な呼気の量を声帯に当てて、身体で声を響かせるようにすることが有効です。
身体に声を響かせるには、リラックスすることが大切です。
身体がリラックスした状態を意識的に作ることで声の響きやすい状態になります。
また、声を顔に響かせるように意識することも効果的ですので、心がけてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加