会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声の重要性と発声で使う筋肉について

スポンサーリンク

発声は歌を歌う時だけに有効と思われがちですが、アナウンサーなどの職業を見ても分かるように主に話を生業とする職業では必須のスキルと言えます。
また、それ以外にも話をする際に滑舌を良くしたり抑揚を付けるなど、人とのコミュニケーションの際にこうした技術を身に付けておくことで、人に良い印象をを与えたり、快活に思われるなどさまざまなメリットがあります。
話をすることで理解を得、好感度を上げて支持を集めなければならない政治家という職業では、発声のスキルはなくてはならない必須のものであり、ボイストレーニングに通っている人がいることからも発声が他者に与える影響の大きさが分かります。
今回は発声で使う筋肉をテーマに書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

声を出すときに重要なのは、何と言っても喉です。
声を使う職業では個々を守るためにマスクをしたり、飴を舐めたりして乾燥を防いでいます。
喉の筋肉は非常に重要でこれをトレーニングすることで、高い音から低い音まで自在に出せるようになります。
男性の場合には喉仏があるので、筋肉の動きが分かりやすいのですが、女性の場合も喉に指を軽く押し当てることで、声を出す際に喉の筋肉が上下しているのが分かります。
もう一つ重要な筋肉が腹筋です。
喉は痛みやすいので、腹式呼吸を意識しながら発声を行うことで、喉に負担を掛けずに声を出すことができます。
背筋を伸ばしてお腹に手を当てながら、長く声を出す練習をしたり、短い声を連続して出すことでトレーニングができます。
ポイントは常にお腹を意識することです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加