会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント

スポンサーリンク

就職活動の面接やビジネスの現場、そしてプライベートな人間関係など、人と人がコミュニケーションをとるときに、できるだけ相手に好印象を持たせたい場合には清潔感のある外見や礼儀正しい態度、言葉遣いなどを配慮する必要があります。
これらの点に気を遣い、事前に準備をしておくことで、初対面の相手により良い印象を植え付けることができるのですが、せっかく第一印象を良くしても、ボソボソ喋ったり、声がくぐもったりしますとだんだんと印象を下げてしまうリスクがありますので、第一印象をそのまま高められるように、発声練習をしておくことをオススメします。
腹筋や肺活量を鍛えるボイストレーニングの他に、腹式呼吸をしておくことで声の質は高まり、明瞭で耳心地の良い声を出せるようになります。

スポンサーリンク

毎日の発声練習は声の質を高め、人間関係の発展に大いに貢献するのですが、誤った練習法を実践しますと、声の質を高めるどころか、かえって悪い結果を招きますので、今回は失敗しないための知識を紹介します。
まず、発声練習をするたびに首に力が入るといった心あたりがある人は、これからの練習においてはできるだけ首の力を抜くことをオススメします。
首の力は本来、食べ物を喉に通すための力であり、発声には無関係の力になりますので、そこに力を入れてもいたずらに首をいためるだけになりますので、力を入れるポイントは腹に絞り、他はリラックスした状態にすることをオススメします。
理想的な発声練習の姿勢は仰向けの状態で寝ることです。
これならば全身から力を抜き、腹に力を込めやすくなりますので、これからは仰向けのまま発声練習をすることをオススメします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。