会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声においての重心の重要性

スポンサーリンク

歌を上手く歌うにはひたすらボイストレーニングで鍛えて楽に歌うというのが必須条件ですが、本番や練習においてはその練習時の姿勢が大きく影響してきます。
最も大事なのが重心の置き方です。
立ってボイストレーニングをしますが、天井から一本の糸で背中から釣り上げられているイメージで立ちます。
こうすることによって腹式呼吸で息を吸うときも発声するときも楽に気持ちよく行うことができます。
いい歌を歌うには楽に楽しんで歌う事が必須条件なので重心の置き方は最重要になってきます。
また正しい姿勢でいることで精神的にも安定します。
背中を曲げて生活していたり、猫背になってしまうと腰や背中、足に負担をかけるだけでなく精神的にも落ち込んでしまいます。

スポンサーリンク

練習の時の重心を正しく保つだけでなく、出来れば日々の生活でも正しい姿勢を保つように意識すれば、本番で緊張するような精神状態の改善にも役立ちます。
普段から正しい姿勢で呼吸をしているだけで、練習時には簡単に腹式呼吸で発声をすることも可能になり、練習の効率化を計れます。
発声において大事なことは力まず、お腹の底から空気をいっぱい吸って、フロア全体に響かせようという気持ちで発声することです。
音楽にのめり込んで上手く歌おうとせずに楽しもうと思って歌うことが大切です。
本番においては精神面が大きく影響するので、緊張しやすい人は緊張しないようになるまで練習して自身を付けるしかないです。
重心の置き方を覚えて身につければそういう精神状態も安定するのでとても大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加