会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声によい食べ物について

スポンサーリンク

声が割れたり、出だしが出しにくかったり、声がかすれたりするなど、何らかの性質に関する悩みをお持ちの方は、耳鼻咽喉科に相談をすることがオススメです。
耳鼻咽喉科では、実際に声質がどれほど悪化しているのかだったり、その原因は何なのかを喉頭ファイバーなどのカメラを使用して調べてくれます。
その結果によって、薬物治療を試したり、それでも改善しなければ手術に踏み切ることが必要となります。
薬物治療と併行して行われることが多いのが音声治療ですが、音声治療に関しては、お医者さんが行ってくれる時もありますが、より専門家の言語聴覚士が行うこともあります。
言語聴覚士は、食べ物を食べたり飲みこんだりするリハビリを行います。

スポンサーリンク

それ以外にも、言語聴覚士は言葉を話したり、聞いて理解をしたり、読んで理解をしたり、文字を描いたりするなどのコミュニケーションに関するリハビリテーションを行うセラピストです。
コミュニケーション障害と言ってもいろいろありますが、脳梗塞後の発音障害だったり、失語症や音声障害なども対象となります。
音声障害に対する訓練の場合には、発声法などについて指導もしますが、それ以外に声の衛生指導と言って、日常生活で気を付けるべきことの見直しを行ったりするのも大事な役割です。
声の衛生指導の際に食べ物についても指導しますが、香辛料の多いカレーだったり、麻婆豆腐などは刺激が強いので避けて、水分補給をしっかりするなどを促します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加