会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

サ行の発声練習をしてみよう

スポンサーリンク

ここでは、サ行の発声練習の仕方についてお伝えします。
自分は、あまり発音が上手じゃないと感じている人もいるかもしれません。
しかし、日々練習を重ねていけば、きっと素晴らしい発音ができるようになるはずです。
だから、「失礼します」「先生」といったサ行の発声練習をぜひしていきましょう。
実は、「サシスセソ」という言葉の中の「シ」だけが発音の方法が違います。
でも、「サ」「ス」「セ」「ソ」の発音は、大体同じように発音して練習すればいいということになります。
たとえば、上の歯茎に舌先を持っていって歯茎と舌の間から発音するようにしてみましょう。
練習する方法としては、ストローを口にくわえて水を入れたコップの中で発音するときちんとした発音の練習になります。

スポンサーリンク

実は、サ行の発音は、けっこう難しい部類に入ります。
だから、何度も練習を重ねるようにしましょう。
サ行の中でも一つだけ発音方法の違う「シ」の発音について、ここではお伝えします。
まず、舌先を下の歯茎につけて発音します。
ストローを使って練習すると次第に上手になります。
水の入ったコップを持ってぶくぶくと泡立てながら、「シ」の音を発音してみてください。
「しか」「しんごう」といった「シ」の発音が入った言葉をコップの中にストローをつけたまま言ってみましょう。
毎日のようにこうした練習をしていると、次第にしっかりとした発音ができるようになってきます。
また、毎日挨拶をする時などに、きちんとした発音で挨拶するようにしてみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加