会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声の仕組みと声帯の役割

スポンサーリンク

口から音を発生させるて、人間は他人とコミュニケーションを取ります。
声は吸った空気を送り出して、声帯を通過して声として始めて人間が聞き取れる音となるのです。
肺に吸い込んだ空気をそこを通過して始めて声となるのです。
声帯は喉の奥にある2本の帯です。
声が発生する仕組みはその帯がの動きで決まるのです。
普段息をしている時は開いており、発声するときには閉じて振動するのです。
閉じているときだけ振動して声となります。
振動音が体内にある空洞で反響して音となります。
体内の空洞部分は口の中の奥にある咽頭腔、鼻の中にある鼻腔、口の中の口腔があります。
この3つは共鳴腔と呼ばれております。
声帯の振動音が反響する部分がこの共鳴腔なのですスポンサーリンク

共鳴腔で振動された音は、口や舌の形を加える事として、人間が発する言葉となるのです。
日本の言葉で子音は、舌、唇、顎、鼻の動きによって決まります。
母音は口の形が変わることで作られる言葉になります。
発声練習、ボイストレーニングでは声帯を動かすためのウォーミングアップのようなものです。
闇雲に発声しても正しい発声練習にもなりません。

正しいボイストレーニングをするためには音が形成される、声として発声される経緯を正しく知ること、体の動き、声帯の仕組み理解して始めて正しいボイストレーニングができるのです。
息を吸う事から始まり、息を吐く、声帯の振動、口、舌の動き、口腔の動き、響きを正しく理解してボイストレーニングしていきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加