会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

舌の位置が発声の綺麗さに関わってきます

スポンサーリンク

口を開いて声を出しているのにこもって聞こえてしまう時には、舌が邪魔をしている可能性が高くなります。
言葉が変わる度によく動いているように感じますが、あまり使わなくてもそれなりの音を出すことができるため、正しい位置まで動かずに発声を行ってしまっていて、どんなに頑張っても根元のほうが盛り上がったまま喉の通り道を塞いでしまうのでこもってしまうのです。
喉を広げるために無理に舌を下げるように動かしてしまうと今度は喉の開き方が悪くなって、声の響きに影響を与えてしまいます。
ですから舌の動きをスムーズにし、様々な形に柔軟に変えられるように練習を行っていくと、自然と発声するときに喉を塞がない位置に移動してくれるようになります。

スポンサーリンク

発声する時に喉を開くように注意されてしまう人も、実は舌の位置が悪いということがあります。
普段の定位置が奥に引っ込んでしまっていて喉の幅が狭まっているのです。
この時無理に前に出そうとしてもきれいな声を出しづらいですし、口腔共鳴なども行いにくくなりますから、舌を動かす訓練を発声する時間とは別に設けるようにします。
舌を前後や左右に動かしたり右回りや左回りに動かしてみて、一番違和感を感じる動かし方が普段使っていない事になるので、その動きを重点的に訓練します。
また、レヌという言葉を何度も早口で繰り返すと、途中で正しく発音できない人が多くなりますが、これも訓練して綺麗に言い続けることが出来るようになりますと、かなり柔軟な動きが出来るようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加