会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声における舌根の存在

スポンサーリンク

歌を歌っている時に、無理に高音を出そうとして声がつぶれたように聞こえる事があります。
この場合には、綺麗に声が聞こえませんのであまり良い発声方法とは言えませんし、喉にも負担が掛かります。
また、カラオケなどで友人、もしくは自分自身の高音が上手く出ないと思う時もある事でしょう。
歌を歌う時などに高い音を発声する時に、声がはっきりときれいに聞こえるようにするためには、咽頭腔にスペースが必要になります。
この事を、ボイストレーニングの現場などでは、喉を開くと表現される事があります。
しっかりと咽頭腔にて声が響くような空間を確保する事で、高温を発した時には声がつぶれた様にならずに、声にも膨らみが感じられるようになります。

スポンサーリンク

さて、喉を開くと言った事は具体的にはどんな事になるのでしょうか。
基本的には、喉を開くと言う行為は、舌根を下げる、軟口蓋を上げるという2種類の動作の事をさします。
特に、舌根を下げると言う事は高音を発声するためには欠かせない事と言われていました。
一般的には高音を発声すると喉仏は上がっていきます。
これは人間にとってはごく自然なことなのですが、綺麗に高音を発声するためには弊害となります。
そのため、高音を発する時には喉仏を下げる、つまり高音を出す時には舌根を意識して、上がって来る喉仏を下に戻すという事が大切なポイントとなる、と言った解釈が出来ます。
自宅などでボイストレーニングをする際にも、舌根と喉仏の状態を意識してトレーニングをすると良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加