会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

声を前に出すのがより良い発声をする大事なポイントです

スポンサーリンク

人が歌を歌う時も、朗読をする時も、人前で話をする時も、どうしたらそれがより良く、聴く人に心地よく響く声で、伝えることが出来るかが大事なことです。
それはいかにして、より良い発声が出来るかということになります。
よりよい発声とは、声が大きなこと、声が喉に詰っていないこと、言葉がきちんと伝わっていること、何よりも大事なことは、声を前に出すことです。
声を前に出すことによって聴く人に、心地よく伝えることも出来るし、声を前に出すことによって、聴く人に伝わったと言う達成感を、自分でも味わう事ができます。
いくら発声をしても声が小さく、自分の口の中だけで、もぐもぐとした声のようでは、聴く人も気持ちよく喜んでは聞いてくれないでしょう。

スポンサーリンク

より良い発声をするには、身体の姿勢から正すことが大事です。
背筋を伸ばし、お腹に力を入れて、聴く人にわかるように正しい言葉の発音にも心がけ、相手に正しく伝えようとすることです。
発声で大事なことは声を前に出すことです。
歌など広い舞台で歌うような時には、遠くの人に聞かせる事を意識して、声を前にだすことです。
姿勢を正しく、背筋を伸ばし、頭も顔もまっすぐ伸ばし、目も大きく見開き、口も大きくあけて、舌は前歯の下に押し付けるようにして、お腹の下のほうの丹田にしっかりと力を入れて、大きな声を前に出すことによって、良い声が出るようになります。
歌だけではなく、いつの時にも、このように声を前に出すことを心掛ければ、より良い発声につながります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加