会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

よく響く発声をするのに役立つ息の流れ

スポンサーリンク

コーラスや合唱といった、歌うことを生業としている人は息の吸い方一つをとっても普通の人とは違います。
それは、響きやすい声を出すためには普通の人とは違う息の吸い方が求められるからです。
というのも、人が声を出す仕組みは複雑で、響きやすい声の出し方と響かない声の出し方にも大きな違いがあるからです。
そこで今回は、遠くまでよく響くような発声をするための息の流れについて紹介します。
この方法を実践することで、カラオケや歌を歌うときに、普通の人よりも高いボリュームで発声できるようになります。
さらに、ビジネスの場では、プレゼンテーションや交渉の場で力強い説得ができますので、公私にかかわらず様々な場面でプラスに働きます。

スポンサーリンク

普通の人が呼吸をするとき、息の流れは喉の奥から下の顎、そして下の歯に向かっていきます。
今まで意識したことがない人も、一度呼吸をしてみることでその息の流れを実感することができます。
そして、よく通る、響きやすい声を出すためにはこの息の流れを改良する必要があります。
まず、喉の奥からやってくる息の流れを上顎に送ります。
そしてそのまま上の歯に向かうように息を送ることで、響きやすい呼吸の流れを生み出すことができるようになります。
普段から呼吸をするときに、このような流れを実践することで、自然と話しをしているときもこの流れを維持できるようになります。
すると、今まで以上に響きやすい声が出せるようになり、その結果声質の改善といった効果を得ることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加