会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声における息漏れについて

スポンサーリンク

歌っているときに、息が漏れることがあります。
声に「スー」という呼吸音が混ざるのですぐにわかるはずです。
裏声(ファルセット)を使い慣れていない人は特にそうです。
息漏れは歌唱において繊細な感情や雰囲気を表現するために使われることもありますが、声楽や合唱の世界においては、声の響きやハーモニーを阻害する要因とされています。
また、息漏れをなくすことによって、吸い込んだ息をより効率よく声に回せるため、声量のアップやロングトーンの安定を見込むことが出来ます。
そのため、これらを楽しむためには、「息漏れのない発声法」を学ぶことは必須であるとされています。
では、どのような練習をすれば、息漏れをなくすことが出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

息漏れの原因は主に歌う時に「声帯が閉じきっていない」ことです。
声帯を閉じるためには、まず声帯の筋肉を鍛えることが大切です。
声帯を動かす筋肉はちょうど喉仏の裏側にあります。
具体的な練習方法としては、まず欠伸をするようなイメージで口を開きます。
開いた状態で喉仏に触れて、できるだけその位置から喉仏が上にいかないように、「ホー」と裏声で発声します。
始めはどうしても喉仏が挙がってしまうと思いますが、時間をかけて、最終的には手を放しながらでも喉仏が動かなくなるまで練習しましょう。
また、姿勢と呼吸法も重要です。
歌う時は、お尻が閉まるように姿勢を調節し、腰を安定させます。
胸式呼吸だと喉の動きに影響が出る場合があるため、肩が挙がらないように息を吸いましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加