会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声と体幹の関係について

スポンサーリンク

皆さんは、発声と体幹の関係についてご存知でしょうか。
よく知っている、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
または、そんなことは聞いたことがない、興味はあるけれど、詳しいことはわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、この二つの関係について、わかりやすく説明していきます。
実は、発声と体幹は密接な関係があります。
ボイストレーニングと体幹は深い関係があるのです。
ボイストレーニングの一つとして、腹筋を鍛えたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
腹筋の筋トレをボイストレーニングとして捉え、行っている場合もあるようです。
ですが、体の外側の筋肉を鍛えても、発声にはあまり関係がないといえます。

スポンサーリンク

発声のときに使うのはインナーマッスルです。
つまり、体の内側の筋肉を意識して、鍛えなければなりません。
インナーマッスルを鍛えるには、腹筋などの筋肉トレーニングではなく、体幹を鍛える運動をすることが最適です。
体幹を鍛える運動はコア・トレーニングといいます。
体幹を鍛えることで発声するときの姿勢が良くなります。
コア・トレーニングの方法には、チューブトレーニングと、バランスボールを利用したトレーニングがあります。
チューブトレーニングの場合は、まず足でチューブを踏みます。
次に、踏んでいない方のチューブを両手で持ちます。
そして、体をゆっくりと捻ります。
バランスボールを使う方法は、バランスボールに座り、落ちないようにしながら足をブラブラさせます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加