会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声の男女の違いについて

スポンサーリンク

男女の違いというのは、様々なところにも出てきます。
たとえば、音楽の合唱です。
合唱では、発声というのは必須です。
女性の場合、喉仏があまり出ていないため高い声が出やすく、男性の場合は、喉仏が出ているため低い声が出やすくなっています。
そのため、混同合唱というのは、きれいなハーモニーを奏でているのです。
では、綺麗なハーモニーを奏でるためにはどのような練習をすればよいのかについて説明します。
最初のウォーミングアップは、同時に行ってもよいのですが、そのあとのメニューは行っても意味がありません。
合唱曲の場合、ソプラノの後にアルトなどが続くため、一緒に練習してもあまり意味がなく、時間の無駄になってしまうのです。

スポンサーリンク

では、どうすればいいのかというと、男女別で練習をすればよいのです。
最初のウォーミングアップで行う発声は、一緒でも良いです。
その後の別れた後の練習では、多くの場合、女性がソプラノ、男性がバスやアルトなどを担当します。
そのため、そのパートに合った発声練習をすればよいのです。
ソプラノは、段々声を高くする練習を、アルトなどは段々声を低くする練習をすれば良いです。
そして、合唱で歌う練習に移ると、スムーズに声が出て練習がはかどります。
最後に本番で歌ってみると、きれいなハーモニーを奏でているというわけです。
このように、男女には身体的に違いがあります。
なので、練習も別々に行わせたほうが、よりいい声が出るようになるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加