会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

長く発声したい場合のコツ

スポンサーリンク

歌唱していて一番多い悩みであるのは、長く声が続かないということではないでしょうか。
あともう少し声を出せた方が綺麗に決まるような場面でも、息が続かずに切れてしまって余韻が台無しになることがよくあります。
長く発声出来ない理由としては、きちんとブレスが出来ていないからです。
歌と歌との間に一瞬でしっかりと息を吸っておくことで、長く発声できるようになります。
ブレスが上手になる為には、日頃から呼吸に癖付けをしておくことがとても大切です。
発声の為には腹式呼吸が重要になってきます。
腹式呼吸には鼻からすっと息を吸い、お腹の底をふくらませるようなイメージで吸った息を溜めます。
この時、実際は肺が膨らむのですが、胸を膨らませるイメージで歌うとどうしても発声が浅くなりがちです。

スポンサーリンク

お腹の底に息を入れるようなイメージを持っておくことで、意識して深く息を吸い込むことが出来るようになります。
たくさん息が吸えるということは長く息が吐けるということです。
吸った息を吐く時も非常に大事です。
口全体を使って漏れるような歌い方をしていると、みるみる息が切れてしまいます。
発声する時には口全体も意識し。
頬や顎にも神経を行き渡らせます。
無駄な呼吸の流れを作らずに、吸った息を大切に吐き出します。
吐く時も一気に全部吐くのではなく、自分が歌いきりたい小節の長さに合わせて計算し、見合った量を持続して発声するように心がけます。
場合によってはすぐブレスをして次の小節を歌わなくてはならないのですから、吸った息はすべて使って、次のブレスもスムーズに行なえるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加