会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

電話応対をする上で発声練習の大切さ

スポンサーリンク

電話応対は、相手のお顔が見えない分、丁寧に話さなければいけません。
相手に不快感を与えたり、不信感を持たせてしまえば、大きな損失になるかもしれません。
言葉遣いは、もちろんですが、しゃべり方がとても重要だと思います。
しゃべり方と言っても丁寧なら良いという訳ではなく、相手が聞きやすい声質、スピード、が必要となります。
そして、イントネーションも重要となります。
ニュアンスが変わると、受け取る人に伝わらないこともありますので、注意が必要となります。
心地よい声ってどんな声?難しく思われるかもしれませんが、毎日の生活の中で、ほんの少しの訓練と注意をするだけで声質も変わります。
その練習方法を簡単に説明したいと思います。

スポンサーリンク

心地よい声作りのスタートは、発声から母音となる『あ』『い』『う』『え』『お』をはっきり大きな声で言ってみましょう。
『あ〜』と伸ばすのではなく、『あっ』と切るように順に言っていきましょう。
『あ』から『ん』まで言うと、少し呼吸が苦しく感じるかもしれませんが、なれてくれば、苦しくなることもなく、読み上げられるようになるでしょう。
そうです。
発声練習をすることで、自然と呼吸法も身につけることができるのです。
そして、短音でしゃべることで、『で〜す』『ま〜す』を直すことができるのです。
電話応対だけではなく、語尾が伸びることは、聞いてる人が聞きにくく、印象も悪くなってしまいます。
発声練習をすることで、呼吸法、話し方が自然とかわってくるのです。
そして女性にはうれしいダイエット効果もあり、大きな声を出すことでストレス解消にもなります。
毎日少しの時間でいいので発声をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加