会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声による頭蓋骨の振動について

スポンサーリンク

発声方法によって高い声を出す時自分の頭蓋骨がその音で響いて伝わってくることがあるから、頭蓋骨で声の測定をすることができますが数字までは出すことが難しいから、声の量はある程度目安で計算されることがあります。
頭蓋骨がどれだけ振動しているかによって、自分の声がどれだけ高いかはっきり分かることがありますが、声があまり出ない時に発声すると頭蓋骨が振動せず声の量が分からない可能性があります。
頭蓋骨の振動によってそれが高い声か低い声かを調べることができるから、ボイストレーニングの先生は生徒にその頭の骨の振動と声の量について教えてあげることがあるため、その方法で練習された方は発声が普通の方よりも滑らかで綺麗な声であることがあります。

スポンサーリンク

頭蓋骨の振動によるボイストレーニングは、世間的にあまり知られていないことがあるから、ある意味特殊なトレーニングとして認識されることが多くそれで上達して声優やナレーターを目指している方もかなり多いです。
発声は男女によってそれぞれ声量が違うから、自分の声を頭部に響かせても客観的に見て声が出せているかどうかは、実際プロの先生でないと分からない可能性があるので素人では中々判断が難しいです。
ボイストレーニングを何回か続けているうちに自分の声の量を上げることが可能になったり、声を調整して高い声や低い声を使い分けて喋ることができたりしますが、歌唱力が上がったかどうか調べる場合は頭の振動が一番頼りになることがあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加