会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

滑舌を良くする変速50音を使った発声練習

スポンサーリンク

アナウンサーやナレーター、役者、声優など声を使う職業の人が必ず行っているのが発声練習と滑舌の訓練です。
滑舌の訓練を行うことで口の回りがよくなり、はっきりと喋れるようになります。
はっきりと喋ると非常に聞き取りやすく、言葉を相手に伝えやすくできるのです。
こうした発声練習や滑舌の訓練は、専門的な職種の人ではなくても行うことにメリットがあります。
たとえば、会議やプレゼンで自分の意見を通しやすくなりますし、商談の場でも落ち着いて話すことができ、相手に良い印象を与えます。
プライベートでも、初対面の人に好印象を与えますし、特に合コンやお見合いパーティーなどでは良い声と聞き取りやすい発音で話をすることで、「この人ともっと話したい」と思わせる効果があります。

スポンサーリンク

まずは正しい発声を身に付けるために、腹式呼吸などのブレッシングの練習がおすすめです。
空気が喉を通り、声帯を震わせることで声が出ますので、良い声を出すために呼吸法というのは非常に重要なのです。
滑舌の訓練でよく行われているのが、変速50音を使った練習です。
普通の50音の並びは「あいうえお・かきくけこ」ですが、これを行の中で入れ替えた変速50音を読み上げていくことで、滑舌の訓練になります。
たとえば、ア行でしたら「アエイウエオアオ」「アイウエオ・イウエオア・ウエオアイ」というような感じです。
慣れるまではつっかえたり、噛んでしまうこともありますが、毎日繰り返し行うことでスムーズに口が回るようになり、そうなればかなり滑舌は良くなってきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

滑舌を良くする変速50音を使った発声練習関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。