会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

アメリカ歌手の発声法

スポンサーリンク

アメリカ人歌手は素晴らしい声量、響きのある歌いかたで、迫力があります。
日本人とは、発声からして違うようです。
よく体の作りが違うからだとか言われていますが、アメリカ人は舌や顎が自然と鍛えられるような言葉を使います。
そのため、発声が良くなり、パワフルな声が出せると言われています。
そしてもう一点、発声が良くなる理由があります。
それは舌のかたちです。
アメリカ人は、舌の形がUの字状態になっていることが分かります。
このかたちは、響きのある声を出しやすい形になっていて、それがアメリカ歌手の声量につながっているということが考えられます。
日本人が、この舌のかたちになるというのはなかなか難しく、まったく同じ声は出せないとも言われています。

スポンサーリンク

アメリカ歌手の声量はなぜあそこまで迫力があるのかというと、生まれつきということもありますが、胸を響かせる声の出しかたをしているからだとも言われています。
お腹から声を出す腹式呼吸というのは、メジャーです。
お腹からハッキリとした大きな声を出せるように腹式を意識しながら鍛えるという方法も大事です。
そして腹式呼吸をしながら胸を響かせる歌いかたをするのがもっとも重要となります。
胸を響かせるということは普段ではあまり聞き慣れないことですが、あばら骨を響かせるということです。
あばら骨を響かせる声の出しかたをすると、アメリカ人歌手のような、響き渡るような声量と、迫力のある歌声に近付けることが出来るといいます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加