会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

軟口蓋を上げる発声訓練

スポンサーリンク

鼻から抜ける声はよく色っぽいとか、セクシーだとか言われることがありますが、本人にとっては深刻に悩んでいる場合もあります。
なぜなら、こうした鼻から抜ける声というのは、専門用語でいうと開鼻声と言われ、軟口蓋の拳上不全によって鼻咽腔閉鎖が不全な状態となり、その結果、呼気が口からだけではなく鼻からも漏れてしまう状態になっていることによって生じているのです。
鼻咽腔閉鎖不全の程度が激しい場合には、しゃべるときに開鼻声になるだけではなくて、食事の際に咽頭圧がしっかりとかからず、食物が口腔内から咽頭へとうまく送り込むことができず、鼻から飲み物や食べ物が出てきてしまうということもあるので、程度によっては治療が必要です。

スポンサーリンク

こうした鼻から抜けてしまう声に対する治療法としては、言語聴覚士によるリハビリを受けて、発声訓練を実施することが望ましいです。
その際には、しっかりと軟口蓋を上げるように練習をするのですが、ストローでコップの水を吹いたり、風船を膨らませたりするブローイング訓練などで軟口蓋の拳上を促進することが可能になります。
また、椅子に座った状態で椅子を押しながらきばって発声をするプッシングエクササイズと呼ばれる手技も、軟口蓋を上げる訓練としては大きな効果が期待できます。
発声時に普段話すときよりも若干力みながら、意識をして声を出すことも、軟口蓋を上げる訓練としては効果があり、それらの訓練を継続的に行うことで開鼻声が改善されます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

軟口蓋を上げる発声訓練関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。