会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

日常会話の発声を忘れている人

スポンサーリンク

近年の一人暮らしの人口の増加、インターネットなどの情報通信技術の発達等に伴い一人で仕事のすべてをすることができる状況の整備が進行していること等から、日常会話の発声の頻度が低下している人が増加しています。
このような人は、普段声を出していないため、発声の仕方を忘れているか発声に困難を伴う人です。
このような人には、是非とも仕事がオフの時間帯には積極的に声を出して頂きたいものです。
何故なら長期間声を出していないと、声帯が劣化し、声が弱くなってしまうためです。
しかし、いきなりカラオケ等で大声で歌えば喉を痛めてしまいます。
少しずつゆっくりと声帯の運動をさせることが大事です。
声を発する機会を如何に増やすことができるのかが問題です。

スポンサーリンク

それでは、声を出す機会を如何に設けるかが問題になります。
従前は問題にならなかったことが現代では問題になるのです。
たとえば、行きつけの飲み屋に行くことでも、一つの解決になります。
飲み屋のママさんと喋る機会を得ることができるからです。
また、各種サークルなどの組織にに参加することも一つの方策です。
必然的に人と喋る機会があるからです。
酒を飲めず、組織に属するのが嫌いな人にはボイストレーニングが有効です。
ボイストレーニングといえば、歌手などが歌を上手く歌うためのものでしたが、現代では普段喋る機会が少ない人に対して喋る機会を与えるばかりでなく、その機会を医者のように声帯の状態を気にしつつ行うことが出来ます。
今後のボイストレーニングの新たな利用法です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加