会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声には腹筋だけではなく背筋のトレーニングも効果的

スポンサーリンク

発声に関しては、一般的に重要となる事は腹式呼吸を意識する事だと言われていています。
腹式呼吸をする事で、よく通る声が出せると言う事で、アナウンサーの様に声を使った仕事を職業とする人にとっては、腹式呼吸はトレーニングの一環として、研修では必ずメニューの中に組み込まれています。
複式という名前が付く事から、当然その呼吸を支えるものはお腹の腹筋です。
そのため、腹式呼吸をより高い質で行うために、腹筋運動をすると効果的だということも良く知られています。
実際に、アナウンサーや歌手にとっては、腹筋運動を行う事は常識的なことです。
しかし、腹筋だけを鍛えればよいと言うわけでもなく、実は腹式呼吸を行う場合には、背筋も大きな役割を果たします。

スポンサーリンク

複式呼吸を支えている腹筋ですが、実際には背筋とのバランスを保つ事が大切なポイントになります。
当然、腹筋のトレーニングは欠かす事無く行う必要がありますが、腹筋をトレーニングで鍛えた分と同等に、背筋も鍛える事が大切になります。
腹式呼吸での発声時、腹筋を支えるために背筋の力が求められるためです。
どこか一つの部分を鍛えても、その効果を発揮するには他の部分も鍛える必要があり、これはアスリートのトレーニングなどでは常識な事として広く認識されています。
発声に関しても一種の運動行為なので、原理は全く同じです。
腹筋や背筋のトレーニングは、体のほかの部分に比べて回復力も高いため、基本的に毎日トレーニングをしても大丈夫です。
発声に効果があることに加えて、内蔵機能の活性かも図れるので、腹筋と背筋は無理のない程度に毎日しっかりと行いましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加