会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

疲れることなく発声する方法について

スポンサーリンク

多くの人が小学校や中学校を通して音楽に親しみを持っていたと考えることができます。
特に、音楽の授業をおいて多くの時間を費やされたのが歌であるということができます。
歌を歌うということによってクラスの仲間と仲良くなったりすることがあると思います。
例えば大会があれば、優勝を目指して練習をします。
ところが、やはり長時間歌い続けるということは非常に疲れます。
それは、なぜかと言いますと、歌を歌うことは話をし続けていることと同じことを表すので、その原理と同じくまず顎が疲れてくるということが挙げられます。
疲れるというのは人によって程度が異なりますが、何れにせよ発声をし続けることはとても疲れるということができます。

スポンサーリンク

発声することなくして歌を歌うことはできません。
ですから、考えるべきことは発声しても疲れないような方法を見つけるということです。
例えば、お腹から声を出すということが有用であるということができます。
お腹から声を出すということは口だけで声を出そうとするよりも楽に、そして疲れずに発声することを容易にします。
やはり、第一に顎をいっぱいに使い声を出すということは疲れるという人が多くいます。
ですから、まずはお腹の底から声を出すということを意識し、また同時に、発声した後のケアをしっかり行うことが大切です。
例えば、喉にも発声は影響を与えるので、喉越しの良い食べ物を食べることや、消化の良い食べ物を食べることが良いということができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加