会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声における鼻腔共鳴とその練習法

スポンサーリンク

喉の力を抜いてハミングをしてみると、鼻の付け根あたりがびりびりするのがわかると思います。
これが鼻腔共鳴です。
鼻の中の空間に声が響いているのです。
発声における鼻腔共鳴のメリットはもちろん、声が響くことです。
声に含まれる倍音を綺麗に響かせることが出来れば、聞き取りやすい周波数の音が増えることで、声の抜けがよくなります。
したがって、力を入れなくても、聞き手に声をはっきり届けることが出来ます。
これは歌う時だけでなく、話をする時にも有効に機能します。
逆に言えば、響きの少ない声は、力を込めて発したとしてもよく聞こえないということもあり得ます。
では、鼻に音を響かせるためには、どのような練習を行えばよいのでしょうかスポンサーリンク

まず、先ほど述べたハミングです。
これは感覚をつかむために行います。
歌の練習であれば、音階をつけることも大切です。
コツは、鼻の付け根に細く息を流すイメージや、声が鼻に抜けていくイメージを持つことです。
それから、腹式呼吸を行い、喉に余計な力が入らない発声を行うことも効果的です。
喉に力が入ると、そもそも声が出にくくなりますし、口の空間を狭めてしまい音が響かなくなってしまいます。
実際に声を出す際には、多少鼻声になっても構いませんので、まず軟口蓋を上げる練習をしてみてください。

軟口蓋とは、のどちんこの手前の、口内の柔らかい部分です。
これを上に引き上げることで、口の中に音が響きやすくなり、より多くの響きを鼻に持っていけるようになるからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

発声における鼻腔共鳴とその練習法関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。