会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声を良くする表情筋のトレーニング

スポンサーリンク

声の質を改善するメリットは大きいです。
というのも、人の声は外見と同じ程度に相手の価値観に影響を与えるからです。
柔らかい声の持ち主と硬い声の持ち主では周囲の評価は180度一変してしまいますので、ビジネスに限らずプライベートの場であっても、周囲からより良い評価を獲得したいという人は、発声を良くするためのボイストレーニングをすることをオススメします。
声の小さい人ならば、腹筋や肺活量を鍛えることで遠くまでよく通るような声を出すことができるようになります。
他にも、早口言葉を何度も言ってみますと滑舌が良くなったり、人前では常に力を抜くといったトレーニングをしておけば、初めて会う相手であってもいつも通りの調子の良い声で話せるようになります。

スポンサーリンク

発声練習の需要は高く、多くの人がより良い声を求めてトレーニングをしているのですが、その中でも特に鍛えておきたい筋肉があります。
それは表情筋です。
表情筋が鍛えられますと、表情豊かな顔を作れるようになります。
接客業に就いている人はどのようなときであっても人あたりの良い満面の笑みを浮かべることができるのですが、あれは表情筋が鍛えられているからこそできる芸当になります。
人とコミュニケーションをとる際、相手はこちらの言葉の内容よりも表情を見ることが多いです。
無愛想な表情よりも豊かな感情表現ができる人の方が付き合いやすく、良い印象を与えられます。
表情筋を鍛えますと、声の質にも変化が起こります。
例えば、笑いながら話しますと、声の質もポジティブな耳心地になり、聞き取りやすくなるのです。
このように、表情筋を鍛えることは声に感情を持たせることができるといった効用があるので、オススメです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加