会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声に必要な腹筋をトレーニングで鍛える

スポンサーリンク

歌を上手に歌えるようになるための発声練習として、声帯周辺の筋肉の使い方をトレーニングすることは大切なことですが、腹筋や背筋を鍛えることも同じくらい重要です。
独唱にしても合唱にしても、一定の時間、安定した姿勢をキープして歌い続けるためには、土台となる腹筋や背筋の力が不可欠だからです。
まず、床に両足をしっかりとつけて、足を肩幅程度に広げ、腰を安定させ、背すじを伸ばします。
普段、運動する習慣がない人は、そのまま立っているだけでもけっこう疲れるものです。
ただし、力むと逆効果ですから、肩や首の余分な力を、意識して抜いて立ちましょう。
必要以上に、お腹を突き出したり腰を反らせたりせず、誰かに軽く押されたくらいでは、びくともしないような安定感が理想です。

スポンサーリンク

姿勢を維持するための腹筋や背筋は、立っているときも座っているときも、背すじを伸ばすことを心掛けるだけで、ある程度まで鍛えられます。
よい姿勢というと、お腹を引っ込めて、背中を弓なりに反らせる人が多いのですが、そうすると、かえって腰を痛めてしまうので気をつけましょう。
慣れてきたら、仰向けになって、両手を首の後ろで組み、上体を起こす一般的な腹筋のトレーニングを加えましょう。
もっと負荷をかけるトレーニングとして、仰向けになったまま、上体はそのままで、足をまっすぐに上げる方法もありますが、しばしば腰が浮いてしまい、筋力がつく前に腰を痛めてしまうことがあります。
腰に不安がある人は、一番目の方法で、首に力を入れないようにして上体を肩甲骨くらいまで浮かせ、みぞおちをかためず、下腹の力を鍛えるトレーニングを徐々に増やしていくと、無理なく腹筋をつけることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加